寝ながら見る映画を探求する


by ygufl2xi2i
 金融庁は11日、改正貸金業法の完全施行を18日に控え、激変緩和措置を盛り込んだ改正内閣府令を公表した。緩和措置は、外国で急に必要になった現金などの緊急費用に限り少額・短期融資を認めるのが柱。消費者金融など貸金業者の融資総額を借り手の年収の3分の1以下に抑える「総量規制」が導入され、利用者が資金繰りに困って混乱するのを防ぐ。完全施行と同時に適用する。
 総量規制に抵触する場合でも、外国で急に必要になった現金のほか、葬儀費用などは、10万円以下、3カ月以内の融資を容認。個人事業者向け融資も総量規制の例外扱いの対象を拡大し、貸付金額100万円以下は簡単な書類提出でも融資できるようにする。 

参院選 守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
元手100円 銀行強盗したかった… 交番で「銃よこせ」 67歳包丁男逮捕(産経新聞)
<東横イン>女性社員が労組結成 法令順守要求へ(毎日新聞)
「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
【記事】"首席卒業"桑田氏、驚愕の成績表/【画像】スッピンでマジ顔のしずちゃん
[PR]
# by ygufl2xi2i | 2010-06-12 02:22
 政府は31日午後の持ち回り閣議で、社民党の辻元清美国土交通副大臣の辞任を了承した。

 辻元氏は同党の連立政権離脱に伴い、同日昼、前原国交相に辞表を提出していた。

参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)
<御殿場女性遺体>殺人容疑で元夫を再逮捕(毎日新聞)
ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)
原口総務相「宝くじやめさせない」と改革約束(読売新聞)
<糖尿病>学会が新診断基準決める 確実に早期発見しやすく(毎日新聞)
[PR]
# by ygufl2xi2i | 2010-06-02 04:26
 民主党の生方幸夫副幹事長は23日のフジテレビの番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が掲げた「県外移設」や「5月末決着」の約束が果たせない状況となったことについて「首相の発言は重いから、責任は取らなければいけない。辞めることも一つの選択肢だ」と述べ、首相は退陣も含めて責任の取り方を検討すべきだとの考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

一過性?進む5野党共闘 与党支持率低下、対決姿勢で足並み(産経新聞)
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
防衛相と駐日米大使が会談 普天間問題で協議(産経新聞)
苦しい時の「小沢ガールズ」民主重鎮を応援(読売新聞)
サッカー日本代表、活躍を期待する選手は誰?(Business Media 誠)
[PR]
# by ygufl2xi2i | 2010-05-27 10:55
 赤松広隆農林水産相は11日の閣議後会見で、宮崎県で口蹄(こうてい)疫による家畜被害が拡大していることについて「やるべきことはやりきってきた。(発生地域が)飛び火すれば別の方策を考えなければいけないが、今は現在の方式をしっかり進める」と述べ、現行のまん延防止策を徹底して実施するのが重要との考えを示した。 

【関連ニュース】
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫
口蹄疫対策で小沢氏に要望=宮崎県知事
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い

雑記帳 メロン熊 ミスマッチで人気(毎日新聞)
一度建てれば30年間縛られる−特養・個室ユニットの行方(2)(医療介護CBニュース)
巨大温度計 最高気温45度までOK 埼玉・熊谷に設置(毎日新聞)
奇妙な海の動物群、繁栄続く=約5億年前の化石発見−モロッコ(時事通信)
<訃報>細野達也さん80歳=元NHK理事(毎日新聞)
[PR]
# by ygufl2xi2i | 2010-05-18 12:21
 自民党は30日、今夏の参院選マニフェスト(政権公約)の柱となる道路政策を発表した。自公政権時代に導入した高速道路の「休日上限1000円」の割引制度を継続・拡充するとともに、料金体系の簡素化を目指す。新たな上限料金制度を巡って混乱した政府・民主党との差別化が狙いだが、一方で、財源確保の「裏技」として旧道路4公団の債務返済期間を先延ばしする案が浮上し、民営化が骨抜きになる危うさもはらんでいる。【野原大輔】

 現行の割引制度は「利便増進事業費」約3兆円を財源にしている。政府は同事業費の残額約2.5兆円のうち約1.4兆円を道路整備に充てる方針で、割引財源が減るため、一部利用者には実質値上げになる。

 しかし、自民党案も現行制度をいつまで継続し、どう拡充するかは煮詰まっていない。「新たな国費を投入しない」のが前提のため、同事業費が底をつけば財源探しを迫られる。

 こうした中、党内では、独立行政法人「日本高速道路保有・債務返済機構」が旧公団から継承した債務の返済期間(2050年まで)を延長する案が検討され始めた。

 高速道路6社は、同機構に道路のリース料を支払う名目で料金収入を債務返済に充てているが、償還期間が延びれば料金を安く設定できるというわけだ。

 ◇「大前提」に矛盾

 だが、同機構の債務残高は08年度末で約31兆円に上る。「民営化から45年以内」という返済期間は公団改革の大前提で、各社に無駄な高速道路を建設させない歯止めでもある。

 石破茂政調会長は30日の記者会見で「朝令暮改的なものはよくない。大きな混乱を生じる」と政府・民主党を批判したが、自民党案も「高速道路会社の民営化堅持」方針との整合性が問われそうだ。

【集う】「日本神話の心」伝承の会(産経新聞)
野口雨情作詞「七つの子」 北茨城・磯原をゆく(産経新聞)
【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
<ゼブラーマン>全国一斉公開…ゼブラシティの逆襲(毎日新聞)
当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
[PR]
# by ygufl2xi2i | 2010-05-07 12:19